栄養カウンセラーが伝えたい正しい糖質制限ダイエット

【コンビニでダイエット】楽しく、ちゃんと痩せる!

杉本接骨鍼灸院 栄養・糖質・体質

脂肪がつかないクッキー!「ロカボクッキー」「味わいカカオ」レビュー

更新日:

ダイエット中だけど甘いもの食べたいという欲望は女性にとっては特に大きな悩みかもしれません。

カロリー制限でダイエットすると食べる量自体を減らすことになりますが、糖質制限ダイエットでは糖質さえ押さえれば食べてもいいものがたくさんあります。

しかも最近では糖質オフの商品がたくさん出回っていますので、色々なおやつを楽しむことができます。

食べながら痩せたいという一見矛盾したのぞみかもしれませんが糖質制限ダイエットではそれが叶います。

うまく糖質オフの商品を利用することでさらに簡単になっています。

是非参考にしていただきたいスイーツがあります。

気軽に食べれるものもたくさんありますが、今日はその中でもクッキーについてお話ししたいと思います。

従来のクッキーに含まれる糖質量と糖質オフのクッキーを比べてみた結果をレビューします。

従来のクッキーの糖質量は?

糖質オフのクッキーがどれぐらいの糖質量なのか分かるために、従来のクッキーとして森永の「ムーンライトクッキー」を比較対象として選びました。

森永のムーンライトクッキーには、14枚(2枚パック×7袋)入っています。

一枚あたり8.1gあります。 それに含まれる炭水化物量は5.2 g。

栄養成分に食物繊維が含まれていないので炭水化物量そのまま糖質量と考えてもいいかもしれません。

おやつとして食べる量としては2枚ぐらいなら当たり前なので、少しのつもりが糖質量を見ると10g を超えてしまうので、 糖質制限的には多めです。

ダイエット中には特に避けておいた方が無難だと思います。

糖質オフのクッキーの糖質量は?

糖質オフクッキーはデルタインターナショナル「ロカボクッキー」と「ロカボクッキー味わいカカオ」です。

「ロカボクッキー」は

アーモンドの風味が上品なクッキーです。
1枚あたりの糖質1.0g!
ロカボ生活の間食にピッタリです。

「ロカボクッキー 味わいカカオ」は

  

1枚の糖質量は1.0gに抑えたまま
アーモンドとの相性の良いカカオを加え
リッチでビターな味わいに仕上げました。

どちらも1枚あたりたった1gの糖質量です。

ロカボの提唱者である山田悟医師は緩めの糖質制限を勧めています。

ロカボ生活では間食は10gまでなら摂取しても構わないので、10枚食べてもいいことになりますね。

ダイエット中であれば、5枚くらいまでしておかないと結局普通のクッキーを食べているのと変わらなくなりますからね。

ロカボマークとは?

皆さんはロカボマークというのをご存知でしょうか?

最近スーパーやコンビニの商品に見かけるようになったオレンジ色のマークのことです。

ロカボマークのついた商品には、「ロカボ糖質」という数値が書かれています。

糖質制限が広まると共に多くの低糖や糖質ゼロの商品が出回るようになりました。

一食あたり糖質量が20から40g に抑えること。デザートは10 g 以下にすること。

1日の糖質摂取量が70から130 g

という内容になっています。

この考えをもとにロカボマークやロカボ糖質という数値が決められています。

このロカボ糖質というものは「利用可能炭水化物」のことを指しています。

利用可能炭水化物とは日本食品標準成分表2015年版 から表示が始まった成分です。

「日本食品標準成分表に関するQ&A」によると

「利用可能炭水化物(単糖当量)」とは次のようになります。

糖質とは異なります。

食品表示基準では、炭水化物量から食物繊維量を差し引いたものを「糖質」と呼 びますが、日本食品標準成分表2015年版では、「糖質」は収載していません。

利用可能炭水化物(単糖当量)は、エネルギーへの換算を容易にするために、それぞれの利用可能炭水化物(でん粉、ぶどう糖、果糖、しょ糖等)に換算係数を乗 じて、それらを足し上げた値です。

参照)https://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/__icsFiles/afieldfile/2017/02/22/QA_2015.pdf

簡単に言うと計算方法が違うから糖質と「利用可能炭水化物量」とは別物ということです。

ロカボマークのついている商品にはロカボ糖質について詳しくは書かれていなかったので、調べてみようと思いつきましたが、やってみると余計にややこしくなってしまいました。

そもそも「利用可能炭水化物」というもの自体が曖昧な数字であるという印象は否めません。

しかし、一般消費者がある商品を手にとって、その商品に含まれるある程度の糖質量を見極めるための一つの判断材料となることは確かです。

まとめ

クッキーくらいのスイーツであれば、上記のように森永の「ムーンライトクッキー」1枚で5g程度です。

だから、甘い、バターの効いた美味しいクッキーを1枚食べるくらいなら許されると思います。

しかし、朝からパンを食べて、昼にうどん定食、そのあとのおやつにクッキーとなるとやはり摂りすぎになってしまいます。

クッキーに限らず、どんなおやつでも同じですけど。

さらに糖質オフクッキーであれば、1、2枚くらいにしておけばさらにストレスもなくダイエットにも効果的です。(^。^)v

1日の糖質量を考えて摂取するようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぎとし

杉本接骨鍼灸院院長、杉本 敏男です。ダイエットと腰痛治療を専門の治療院を経営しています。皆さんに健康になっていただきたく、栄養と痛みに関する正しい情報を発信しています。糖質制限実践者ですが、たまに羽目を外します。趣味はボルダリング。子供が3人で賑やかなのが好きです。 資格:柔道整復師、はり師・きゅう師、柔道整復師専科教員

-杉本接骨鍼灸院, 栄養・糖質・体質

Copyright© 【コンビニでダイエット】楽しく、ちゃんと痩せる! , 2019 All Rights Reserved.