コンビニダイエット!糖質制限と栄養をレビュー

40代女性の健康・ダイエットのためのブログ

杉本接骨鍼灸院 栄養・糖質・体質

糖質オフ的朝食!カルビー「フルグラ糖質25%」の口コミレビュー

投稿日:

ダイエットのカウンセリングをしていると朝食のことを聞かれます。

特にシリアルやグラノーラはどうですか?という質問が多いです。

その中でもフルーツグラノーラいわゆるフルグラは朝食にすごく人気があるようです。

患者さんからの質問にもよく登ります。

しかし従来のものであると糖質が高めであるので、制限の対象になっていましたが、フルグラにも糖質オフのものが出たので実際に食べてみたレビューをしたいと思います。

普通のフルグラ。

フルグラとフルグラ糖質25%オフの違い

普通のフルグラとフルグラ25%の違いを表にしてみました。

  

栄養成分表示 フルグラ(50g) 糖質25%オフ(50g)
エネルギー(kcal) 221 234
たんぱく質(g) 3.6 9.3
脂質(g) 7.9 12.2
糖質(g) 31.6 17.8
食物繊維(g) 4.5 8
ナトリウム(mg) 93
カルシウム(mg) 17 55
鉄(mg) 5 5
カリウム 134
415
リン 91 146
ビタミンA(μg) 150 257
ビタミンB1(mg) 0.34 0.4
ビタミンB6(mg) 0.34 0.44
ビタミンB12(μg) 0.67
0.67
ナイアシン(mg)
3.7 3.7
葉酸(μg)
67 67
パントテン酸(mg)
1.9 1.9
ビタミンD(μg)
1.67 1.67
コレステロール(mg) 0 0

トッピングもナッツが豊富になりました。

おそらく糖質制限食を研究されているのでしょうね。(^。^)v

フルグラ 糖質オフ25%
トッピング いちご、りんご、パパイヤ、レーズン、かぼちゃの種 くるみ、アーモンド、いちご、レーズン

糖質量を比べてみると31.6g から17.8g に減っていますので約40%オフになっています。

何故商品に25%オフと言っているのでしょう?

そこのところがよくわかりませんが、糖質量はかなり減少しています。

逆にカロリーやタンパク質、脂質は増えています。

糖質制限的には糖質量が減って他の栄養素が増えるのは正解です。

糖質制限的にどうか

糖質制限を自己流でやっちゃうと、脂質やタンパク質も抑えて、ただただ、ひもじい思いをしてしまう。

結局、ダイエット失敗なんて方も多いです。

「フルグラ糖質オフ25%」を50gに牛乳200mlを使うと糖質量は28gと少し多めですので、ダイエットが進行中の方にはオススメしません。

しかし、ダイエットを成功させて理想体重に落ち着いた方であれば、1食あたり30g程度であれば摂取可能ですの。

だから、体重の増減を見ながら「フルグラ糖質25%オフ」を朝食にするのも良いと思います。

プレーンは糖質量が多すぎますが、これも数時間後にしっかり運動するよ!という方であれば朝食にしても良いと思います。

糖質は絶対に避けるないといけないものでなく、「うまく使うこと」が決め手です。

どちらにも使われているマルトデキストリンとは?

デキストリンとはトウモロコシから抽出したでんぷんのことを言います。

最近では難消化性デキストリンを使用した商品が多く見られます。

難消化性デキストリンの働きは簡単に言うと血糖値の上昇を抑えるとともに、他のミネラルの吸収は阻害しません。

加工もしやすいのでよくダイエット商品に使われています。

マルトデキストリンは普通のとうもろこしから作られたデンプンです。

他にはクラスターデキストリンというものもあり、こちらはマルトデキストリンに酵素を働かせて分子を均一に細かくしたものを言います。

トレーニングを本格的にされる方であればこういったものを利用されています。

実際食べてみた感想

これまでのフルグラと違い、ナッツがトッピングに加わっていますので、その分、香ばしさがましていると思います。

食感はほとんど変わらずです。

味は安心感のあるフルーツグラノーラそのままです。

私は普段、糖質制限生活を送っていますので、「糖質25%オフ」でも、とても甘く感じました。

これまでのフルグラを食べている人でも、十分に甘く感じると思います。

朝から糖質を摂らないと・・・と考えている人であっても、これだけの糖質があれば満足すると思います。

というか、これ以上の糖質を摂取するなら、かなり運動してください。(^。^)

まとめ

糖質25%オフとはいえ一食分50g と牛乳200mlを加えると糖質量が28gとなり、糖質制限的には少し多くなってしまいます。

しかし、午前中のお仕事で体力を使うという方であれば、問題がない範囲だと思います。

ただし、先ほども述べましたが、ダイエット中の方は食べたいのであれば、糖質25%オフでも量を減らして、他に卵料理などを付け加えることをお勧めします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぎとし

杉本接骨鍼灸院院長、杉本 敏男です。ダイエットと腰痛治療を専門の治療院を経営しています。皆さんに健康になっていただきたく、栄養と痛みに関する正しい情報を発信しています。糖質制限実践者ですが、たまに羽目を外します。趣味はボルダリング。子供が3人で賑やかなのが好きです。 資格:柔道整復師、はり師・きゅう師、柔道整復師専科教員

-杉本接骨鍼灸院, 栄養・糖質・体質

Copyright© 40代女性の健康・ダイエットのためのブログ , 2019 All Rights Reserved.