コンビニダイエット!糖質制限と栄養をレビュー

すぎとしブログ

日本酒・焼酎

超辛口日本酒!亀の井酒造くどき上手「生・ばくれん」口コミレビュー

更新日:

山形県鶴岡市にある亀の井酒造で作られている「くどき上手」を口コミレビューします。
その中でも大好きなのが「ばくれん」という種類で

+20の超辛口です。

一口のんだときに弾けるようなインパクトはまさに「旨辛」
ぜひ合わせて食べたいのは、脂の乗ったサーモンや中トロなどのお刺身ですね。

くどき上手と合わせるならお刺身がおすすめ

もし、ばくれんを買おうと思っているなら、一緒にお肉や脂のたっぷりのったお刺身がよいですよ。
サラダや乾き物とかだと、ちょっと酒の辛味が強い感じ。
口の中でケンカしている風と言えば分かるかな?

一方お刺身だとちょっと口の中に残る醤油を感じた後にクイッといけば、脂っぽさをさらっと流してくれます。
これが、ばくれんの味わいを一番感じれると思いますねー。

日本酒好きと一緒に飲んだら間違いなく「おおー!!」ってなるでしょうね(笑

くどき上手はどれくらいの種類がある?

一般的に日本酒といっても精米歩合(磨き)によってネーミングが色々と変わりますよね。

  1. くどき上手 斗瓶囲大吟醸
  2. くどき上手 大吟醸 3年古酒
  3. くどき上手 純米大吟醸 播州山田錦
  4. スーパーくどき上手「改良信交30」
  5. 山田錦45 十年古酒
  6. Jr.ホワイト
  7. くどき上手 おしゅん スパークリング清酒
  8. くどき上手 にごり酒 亀の尾44
  9. くどき上手 美山錦 純米吟醸
  10. くどき上手 雄町辛口純米吟醸

これ以外にも沢山あるので、さすがに全部は紹介しきれません。
磨けば磨くほどキレは収まりまり、まろやかさが際立ちますね。

1本2830円(720ml)の純米大吟醸も時々飲みますが、ここまでスイーティーでかつ辛さを備えているお酒はそうそうないですよ。

くどき上手は居酒屋に少ない

お酒が好きで居酒屋にはかなり行きます。
その都度日本酒を眺めるのですが、くどき上手が置いてあるのは1割くらいじゃないでしょうかね。

僕がいくのは関東のお店だからかもしれません。
九州の居酒屋ではまずみたことがないし、東北は酒処すぎて種類を選びきれない感じは否めません。

しかも置いてあっても純米酒だけとか多いです。
日本料理屋ですら置いてません。

つまりお取り寄せしないと本当の味が確かめられないわけです。
日本酒に興味がある人は、一度は飲んだほうがいいですよ。

最初に飲むのはぜひ「ばくれん」にしましょう!

2018年スーパーくどき上手ばくれんの評価は?

日本酒スーパーくどき上手ばくれんの写真

年に一度の限定蔵出しのお酒、発売されると即完売するある意味、幻のお酒の、スーパーくどき上手ばくれん。 年に一回、五月に蔵元限定で1200本しか、出荷されません。 今年は改良信交という酒米を100パーセント使用し、30パーセントまで磨きました。 独特の酸味が特徴で、お酒好きをうならせるうまさです。 今年のファンの評価はいかに!まとめてみました。 上品な吟醸の香り、そして甘み。 飲み初めから最後まで、ずっとなめらかな口当たり。 口に含むと、あっというまに消えていく感じ。それでいて存在感のある酒質。 コスパ最高!な純米大吟醸。 まるで高級な和菓子を食べているかのような、スッキリした甘み。 おいしいけれど、私にはちょっと甘く感じました。 まさにお米の芯を味わう感じ、雑味はまったく感じない。 全体的に高評価のようです。 見つけたら私も即、購入してみたいお酒です。

くどき上手は亀の井酒造!鶴岡市は酒の街

亀の井酒造はお米の管理がとくに厳重として有名です。
その亀の井酒造があるのが、山形県鶴岡市。

僕も何度か行きましたが、酒蔵がホント沢山ありますよ。
お土産を買うなら鶴岡市とすぐ隣りにある酒田市が便利です。
山居倉庫がある、庄内観光物産館は商品も多いし、お酒の試飲もいっぱいできます。

まとめ

くどき上手ばくれんは食べた料理を、さらっと流してくれる辛口のお酒です。
なかなか居酒屋には置いていませんので、飲みたい場合はお取り寄せがおすすめ。

山形にいった際はぜひくどき上手を手にとって見てください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぎとし

杉本接骨鍼灸院院長、杉本 敏男です。ダイエットと腰痛治療を専門の治療院を経営しています。皆さんに健康になっていただきたく、栄養と痛みに関する正しい情報を発信しています。糖質制限実践者ですが、たまに羽目を外します。趣味はボルダリング。子供が3人で賑やかなのが好きです。 資格:柔道整復師、はり師・きゅう師、柔道整復師専科教員

-日本酒・焼酎

Copyright© すぎとしブログ , 2019 All Rights Reserved.