コンビニダイエット!糖質制限と栄養をレビュー

すぎとしブログ

杉本接骨鍼灸院 栄養・糖質・体質

コンビニ3社「ミックスナッツ」糖質制限的実食してみた比較レビュー

更新日:

糖質制限を実践していても、ダイエットをしたいけど仕事や家事ですごく忙しく夜遅くまで夕食を取れないことがありませんか?

お昼ご飯は12時頃に済ませた、でも残業で夕食は夜8時でも取れないかも・・・なんて日も多いと思います。

そういう時は我慢せずに間食してください。糖質制限には最適な間食があります。それはナッツ類です。会社に居てても、ファミマローソンセブンイレブン のどれかが近くにあると思います。

糖質制限を実践されていて小腹が空いた時に、すぐに買いに行くことができるコンビニ3社のミックスナッツを食べ比べてレビューします。

この記事の編集者

柔道整復師、はり師・きゅう師 杉本接骨鍼灸院 院長 杉本敏男

北海道大学、アリゾナ州立大学を経て、柔道整復師の国家資格を取得、その後柔道整復師養成学校の立ち上げ、教員を経験ののち栄養をベースに健康になるための整体を広めている。

まず、なぜナッツがいいのか?

ナッツといっても種類がいくつかあります。

アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオ、ピーナッツなどがよく手に入るものです。

ナッツで共通して言えることが、健康に良いとされる不飽和脂肪酸やビタミン E、 ビタミン B 群をはじめとするビタミン類、鉄分、カリウムやマグネシウムに代表されるミネラルが豊富に含んでいることです。

これらの栄養素は肌や粘膜を保護したり、コレステロール値中性脂肪値を下げたり 、 老廃物が作られるのを抑制したり、動脈硬化を予防したりといいことがたくさんあります。

中でもアーモンドはアンチエイジング美肌効果の高いビタミン E が豊富であり食物繊維もごぼうの2倍以上を含むとされています。

くるみに含まれる脂肪酸はオメガ3と言って体内で作ることができない必須脂肪酸です。

この脂肪酸の働きは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしますので、結果コレステロール値を改善します。

カシューナッツにはナッツの中でも糖質が多く脂肪分が少ないです。

ミネラルも亜鉛や鉄が多く含まれますので成長促進や貧血予防にも役立ちます。

ピスタチオはナッツの女王とも呼ばれます特にカリウムやビタミン B 6を多く含み血圧を下げたり生理前症候群のホルモンのバランスを整える効果も期待されます。

マカダミアナッツにも一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が含まれますので、血行促進血液をサラサラにするという効果があるとされます。

ピーナッツも誤解されがちですが他のナッツと同じように動脈硬化を予防する脂肪酸を多く含んでいます。

ビタミンに関しても同じで特に多く含まれるビタミン B 3(ナイアシン)は糖質脂質の代謝を促進し肝臓でのアルコールの代謝を助けます。

挙げればきりがないので、また別の機会にそれぞれのナッツについて記事にしたいと思います。

コンビニ3社のミックスナッツの違いは?

まずはパッケージから。こんな感じ。

ファミマ

 

ナッツの中でも人気のアーモンド、カシューナッツ、クルミ、マカデミアナッツの4種をアソートしました。それぞれのナッツの風味を生かす、個別ロースト製法です。 ※東海地方の一部では取り扱いがありません。
ファミリーマート通常価格 360円(税込388円)

ローソン

 

贅沢に4種のナッツが楽しめます。

ローソン標準価格368円(税込)カロリー481kcal

セブンイレブン

 

ミックスナッツ 41g 198円(税込213円)
アーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカデミアナッツの4種類を詰め合わせた、ミックスナッツです。おやつや、お酒のおつまみなどにいかがですか?

中身は一緒ですね、はい。(^。^)v

コンビニによっては3種類のものと4種類のものがありますが、ファミマ、ローソン、セブンイレブンとも4種類のものは置いてあります。

中に入っているナッツはアーモンドカシューナッツくるみマカダミアナッツの4種類です。3種類だとマカダミアナッツが削られている物がほとんどでした。原材料名で見るとアーモンドが一番多く使われています。

セブンイレブンとファミマのミックスナッツにはアーモンドの次にカシューナッツが使われていてローソンだけがくるみが2番目に多かったです。

表にすると次の通り

コンビニ名 ファミマ ローソン セブンイレブン
1袋 80gあたり 75gあたり 41gあたり
エネルギー 521kcal 492kcal 270kcal
タンパク質 13.4g 12.7g 7.4g
脂質 45.7g 43.8g 23.0g
糖質 11.2g 8.9g
8.4g
食物繊維 5.7 5.7
ナトリウム 129mg
ビタミンE 8.1mg
食塩相当量 0.2g

 

コンビニ「ミックスナッツ」無塩でも摂りすぎには注意!

今回はミックスナッツについての記事ですが、ナッツの中でもカシューナッツの糖質量100g 中に20 gと例外的にとても多いですので食べ過ぎには注意です。

ミックスナッツは一袋100g として全て食べても糖質量が15 g未満ということがわかりましたので、会社などで同僚にもらうようなチョコレートやクッキー羊羹などとは比べ物にならないくらい低糖質と言えます。

ミックスナッツには素焼きのものと塩味のものがありますので塩分が気になる人は素焼きのほうを選ぶようにしてください。

コンビニの「ミックスナッツ」はどれを買うべき?

1gあたりの糖質量にはほとんど差がありません。まあ、材料に差がないので当たり前ですね。1gあたりの価格では、一番お得なのは『ファミリーマート』です。しかし、商品の単価で選ぶならセブンイレブンがもっともお安い設定になっています。安いと言えます。

塩分が気になる方は、セブンイレブンには塩分を使っていない、『素焼きタイプ』があります。

コンビニ3社「ミックスナッツ」食べ比べのまとめ

ミックスナッツナッツ類は糖質制限時だけでなく、おやつやお酒のお供としてかなり優秀です。

何よりどこのコンビニにでも豊富においてあるので、手軽に買うことができます。(^。^)

しかし口当たりがよくついつい食べ過ぎてしまうことも確かにありますので、お徳用の大きな袋に入ったものでなく、今回紹介した小分けにされた一袋100g くらいのものを買ってきて、それ以上は食べないようにすることお勧めします。

食べ過ぎないコツは3から5粒口に入れて30回は噛むようにしてください。

消化も良くなり満腹感も得られるので食べ過ぎることもなくなります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぎとし

杉本接骨鍼灸院院長、杉本 敏男です。ダイエットと腰痛治療を専門の治療院を経営しています。皆さんに健康になっていただきたく、栄養と痛みに関する正しい情報を発信しています。糖質制限実践者ですが、たまに羽目を外します。趣味はボルダリング。子供が3人で賑やかなのが好きです。 資格:柔道整復師、はり師・きゅう師、柔道整復師専科教員

-杉本接骨鍼灸院, 栄養・糖質・体質

Copyright© すぎとしブログ , 2018 All Rights Reserved.