コンビニダイエット!糖質制限と栄養をレビュー

すぎとしブログ

洋酒(ワイン・ウイスキー)

赤ワイン「パッソ デルスッドゥアパッシメント」口コミレビュー

更新日:

出典:京橋ワイン

赤ワイン普段はどんなものを飲まれますか?

色が濃いタイプ、色が薄いタイプ、味わいが辛口のもの。

国産やチリなど外国のもの。

またどんな時に飲む方を選ぶものが変わってきますよね

専門店もあればスーパーやコンビニなどどこでも売っているお酒の一つのワイン、何を基準に選べば良いかイマイチわかりません。

今日の夕飯はこれ、今度週末に友人を呼んで宅飲みをする。

では何を合わせよう?

という感じで選ぶでしょうか。

 

ワイン用のブドウを収穫して干しレーズンのようにしてから作る手間をかけた赤ワイン、パッソ デル スッドゥ アパッシメント。

濃厚さと甘さが特徴ですが、普段食べるハンバーグなどによく合います。

今回は赤ワインの中でも濃厚で上品な甘さがたっぷりの、パッソ デル スッドゥ アパッシメントについて口コミレビューします。

 

パッソ デル スッドゥ アパッシメントに合わせるならハンバーグがオススメ

 

もし、この赤ワインを買って飲んでみようかな?と考えていたら。

 合わせるのは、みんな大好きなお肉料理の定番、ハンバーグがおすすめです。

 

ハンバーグ、できればデミグラスソースがたっぷりかかったものがぴったりの好相性。

できたてのハンバーグの肉汁がたっぷりと染み出して、そこに濃厚な味わいのデミグラスソースがかかっている。

書いてるだけで食べたくなりますが、合わせる赤ワイン、こってりした味わいに負けないぐらいの強さがあるものが欲しいです。

 

そこでこのワインの登場。

この赤ワインは、お値段からして想像できないくらいの濃厚な甘さがたっぷりのイタリア産のワインです。

お料理とお酒、合わせるポイントがありますが、今回のこの組み合わせ、まさにお互いがおいしくなるベストマッチング。

 

パッソ デル スッドゥ アパッシメントのオススメの飲み方は?

出典:佐藤吹きガラス工房

 この赤ワインのおすすめな飲み方、普通にガラスで飲んでみてください。

ワイングラスではなくグラスで是非お試しください。

どうしてもワインには、ワイングラスを使わないといけないと考えがちだと思いますがそんなことありません。

普通のグラスで十分です。

十分に美味しく飲めます。

シチュエーションによって変えれば良いと思います。

 

さて、実際に飲んでみると。

色合いは黒に近い赤ぶどう色。

香りはプラムやブラックベリーのジャム、樽熟成からくるバニラのような甘さを感じます。

一口飲むと、 グッと口の中に濃密な味わいが広がります。

干しぶどうのようなぎゅっとした甘さ、これが最後まで続きます。

とは言えただ甘いだけではなく、 酸味も程よくあるので飲んでいて疲れることがありませんでした。

とても滑らかな口当たりです。

パッソ デル スッドゥ アパッシメントがオススメの理由

おすすめの理由その1

値段が信じられないくらいにお手頃だから。

この赤ワインのような作り方をしているものは、普通は5000円以上します。

しかしこのワイン、2000円以下で買えるんです。

イタリアベネト地方の銘酒、アマローネ を思い浮かべさせます。

このアマローネ、3000円以上はする高級な赤ワイン。

 

今回のこの赤ワイン、作り方としてまずは遅積みしたぶどうを5キロ毎箱に移します。

そしてワインセラーの中で約5週間乾燥。

その後に干しぶどうのようにぎゅっと濃厚になったぶどうを除茎、プレス。

低温で発酵させます。

その後でフレンチオークの樽で12月寝かせて仕上げた、とても手間のかかる作りをしています。

その点から先ほどのアマローネの、 プーリア版と言えるかも。

ちなみに最近ではこのタイプの赤ワイン、アメリカや北欧での人気が高まってきているそうです。

 

 

おすすめの理由その2

甘さと濃さ、酸味が絶妙にバランスしている味わいだから。

ただ甘いだけだと、どうしても飲み飽きしてしまいます。

そして濃いだけだとやはり飲みづらいし、食事に合わせづらい。

 

では食事と合わせるには何が必要でしょうか。

そこには程よい酸味が必要になってきます。

この赤ワイン、これらの要素が本当にバランスよくできています。

 

食事とお酒のマッチング、とても大切だと考えているので、ただ飲むだけではないなら、このポイントはとても重要です。

 

赤ワインにはダイエット効果もあるの?

赤ワインは、ブドウと果皮を漬け込んで仕込みます。

白ワインは果皮は取り除き、ブドウだけで仕込みます。

 

赤ブドウの果皮には、タンニンが多く含まれ、またブドウにもいろいろな成分が含まれています。

 

ダイエットに関わる成分としては、

ポリフェノール(アントシアニン・タンニン・エラグ酸)
カリウム
カルシウム
マグネシウム
ピセアタンノール

があり、他のアルコール飲料より多く含まれています。

この中で、タンニンが脂肪の分解をうながして消費しやすくする作用があることが分かってきました。

また、エラグ酸が肝臓に脂肪が付きにくくする効果があることも分かってきました。

 

そして極め付けとして、ピセアタンノールという成分が、アンチエイジング効果に大きな効果があることが研究より分かってきています。

動脈の柔軟性を高める
コラーゲンの喪失防止して生成を促す
メラニン色素の合成を抑え、シミそばかすを防ぐ

などの効果が期待できます。

 

また、カロリーを見てみると

赤ワイン 約5.5kcal
ビール 約8kcal
日本酒 約9kcal

となっていて、他の醸造酒よりも低めなのが赤ワインです。

 

パッソ デル スッドゥ アパッシメントはイタリアプーリア州にあるプロゲット ヴィーノで

プロケットビーノ、イタリアプーリア州中部 イタリアの丘周辺にワイナリーを所有しています。

プーリア州という土地の持っている力を最大限に使って、濃厚な風味のをワインを作っている生産者です。

 

彼らが作るワインは、今まで大手のワイン商に販売されていました。

そしてなんと、別のラベルを貼られて高い値段で販売されていたんです。

何かやりきれないと言うかちょっと悔しいですよね。

 

そんな中、自分たちのラベルを貼って、自分たちの商品として販売するワインがこのパッソ デル スッドゥ アパッシメント。

どうだ、という感じでしょうか。

正直、それだけの価値がある赤ワインですよ。

まとめ

パッソ デル スッドゥ アパッシメントの詳しいデータなど:

商品名 パッソ デル スッドゥ アパッシメント
作り手 プロゲット ヴィーノ
格付 V.D.T. ヴィノ・ロッソ・イタリア

品 種 ネロ・ディ・トロイア 40%、プリミティヴォ 30%、メルロー 30%
畑面積 30 ヘクタール(平均樹齢:40 年)
収 穫:手摘み 100%
生産地 プーリア
品種 ネロディトロイア、プリミティヴォ、メルロー
容量 750ml
キャップ仕様 コルク
特徴 赤/中辛口/フルボディ
評価歴 2015年:ベルリンワイントロフィー2016金賞
適温16~18℃
合う料理 グリルしたお肉料理、熟成チーズ等 

 

はじめずポイント:

この赤ワイン、やはり赤ワイン好きの方が買われていきます。

値段からは本当に想像できない味わいの濃さで満足していただいています。

それと!

このワインの瓶がとても重厚です。

本当に重いんです。

そしてラベルがクラシックながら豪華な感じのデザイン。

贈り物としても引けを取りません。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぎとし

杉本接骨鍼灸院院長、杉本 敏男です。ダイエットと腰痛治療を専門の治療院を経営しています。皆さんに健康になっていただきたく、栄養と痛みに関する正しい情報を発信しています。糖質制限実践者ですが、たまに羽目を外します。趣味はボルダリング。子供が3人で賑やかなのが好きです。 資格:柔道整復師、はり師・きゅう師、柔道整復師専科教員

-洋酒(ワイン・ウイスキー)

Copyright© すぎとしブログ , 2018 All Rights Reserved.